ふくしま鍼灸接骨院 桃山台院 交通事故・労災・各種保険取扱い(予約優先)

 併設 健康とダイエットのお店 Welina(ウェリナ)のホームページ



診療時間

9:00〜13:00 ×
16:00〜20:00 × ×

※日曜・祝日は休診日

(平成28年11月より休診日が変更)

2018年 2
SUN MON TUE WED THU FRI SAT




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
111213141516
17
18
19
20
2122
2324
2526
27
28










2018年 1月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
1213
14151617181920
21
222324252627
282930
31











赤字:休診日

青字午前診13:00迄

木曜午後完全予約制

(ご予約の方のみになります)




























腰・足の痛み


このようなお悩みはないですか?



□ 朝起きると腰が痛い。

□ 仕事で腰に負担がかかり、痛みで

  無意識に腰に手をあててしまう。

□ レントゲンでは異常が無いと

  言われているが腰が痛い。

□ 股関節や膝に痛みがあり歩くときに

  引きずってしまう。

□ 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症だと

  診断された。

□ 歩いていると足が痛くなり

  立ち止まってしまう。

□ お尻から足にかけてしびれがある。

□ 正座しようとするが膝が痛くて

  できない。

□ 階段や坂道を降りる時に膝が痛む。





 お電話での予約・問い合わせ

078−751−4737


腰の痛み

・腰痛

 腰が痛くなることをひっくるめて腰痛と呼んでいますが、腰痛にも様々な種類が

 あります。昔から腰痛があるから今さらもう・・・、

 仕事で重い物を持つからしょうがない・・・

 コルセットを着けているから大丈夫だろう・・・なんて思っていませんか?

 実は姿勢や生活習慣が関係している事が多いのです。

 そこを直せば良くなったなんて事も少なくありません。

 日常生活での事までアドバイスをさせていただきます。



・ぎっくり腰(急性腰痛)

急に運動をした、重いものを持ち上げた、

物を拾おうと前かがみになったなどの動作

で発症します。

その他普段の姿勢の悪さや、腰の疲労が

溜まっていることが原因になる場合もあり

ます。

ぎっくり腰は前兆がなく急に起こるので

注意が必要です。また、癖になりますので

すぐに治療をおこなってください。


スポーツや日常生活でのケガは
保険が適用になります

初回おおよそ1700円前後
2回目以降おおよそ640円前後
(治療箇所、負担割合により前後します)


・椎間板ヘルニア

 一つ一つの背骨の間に椎間板という

クッションがあります。そのクッションが

腰にかかる負担や衝撃により外に飛び出し

てしまいます。それが神経を圧迫し、

痛みや足のしびれ、力が入らないといった

症状が発生します。


・坐骨神経痛

 「足に痛みが出ていて、病院に行くと坐骨神経痛と診断されたが、坐骨神経痛って

名前は聞いたことがあるけどいったい何?」って思う方はたくさんいるはずです。

坐骨神経痛は主には椎間板ヘルニアが原因で発症すると言われています。

坐骨神経が背骨から始まりお尻を通って太ももの裏、ふくらはぎを通って足の甲、

かかと、足先に分布しています。

 その神経が圧迫されて、お尻や足にしびれや突っ張ったような感覚が現れます。

坐骨神経の痛みなので、仮にお尻で神経を圧迫して足に痛みが出ても坐骨神経痛です。

要は総称みたいなものです。



坐骨神経痛には鍼灸治療が効果があります
料金はおおよそ1620円〜
(本数により前後します)

骨盤の歪みが原因の場合はバランス整体がお勧めです
バランス整体 2160円〜3240円

足の痛

・変形性股関節症

 変形性股関節とは、足の付け根の骨と骨盤にあるくぼんだ部分の骨との間の軟骨と

いうクッションが擦り減りへり、骨と骨がぶつかりあって変形していきます。

この原因は大きく分けて二つあります。一次性と二次性で分けられ、原因不明で関節が

もろくなってしまう状態で、加齢により軟骨が老化してきます。これが一次性です。

 二次性では先天的な股関節脱臼や発育不全などが原因です。

しかし先天的や発育不全があるからといって幼少期に発症するわけではありません。

30〜40代から症状が見られ、主に女性に見られるという特徴があります。

最初は膝にだるさなどの違和感を生じ、徐々に痛みに変わります。

・変形性膝関節症

 膝の関節にはクッションの役割をする

 軟骨が存在します。このクッションが

 加齢により擦り減ったり変形すること

 で、太ももの骨とすねの骨同士が直接

 ぶつかってしまいます。症状は、椅子

 から立ち上がる時、正座をしたとき、

 歩こうとしたとき、階段を降りている

 時などに痛みを感じます。

 日頃の姿勢の悪さから骨盤の歪みが生じ

 て発症する場合もあります。

 





ふくしま鍼灸接骨院では、痛みの原因を突き止め、適切な治療を行います。
また、痛みが再発しないよう、アフターケアにも力を入れています。

少しでも体の不調が見られる場合には、お気軽にご相談ください。 


お電話での予約・問い合わせ

078−751−4737


メールで仮予約・お問い合わせこちら